HAWAIIAN COFFEE

コーヒーは「コーヒーベルト」と呼ばれる、南緯・北緯25度ラインの間の地域で育ちます。
ハワイ諸島は北緯20度前後に位置し、ちょうどこのコーヒーベルトの中の収まるエリア。
アメリカで唯一商業ベースのコーヒー豆が栽培されている場所です。
火山活動から生まれた肥沃な土壌と、1年中吹くさわやかな貿易風に育まれ
他にはないユニークで風味豊かなコーヒー豆が育つのです。

map_black.png

コナコーヒー_300.png
KONA / コナ
〔 big island 〕

ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、「世界三大コーヒー」のひとつ。ハワイ島西部コナ産豆が10%以上ブレンドされた比較的安価な「コナブレンド」から、コナ産豆100%のものまで、さまざま市場に出回っています。マイルドで、ナッツやチョコレートを感じさせるフレーバー。

noimage.png
KAU / カウ
〔 big island 〕

コナと並びハワイ島を代表する産地。島の南東部に位置し、溶岩土壌のコナとは異なる赤土を多く含む台地。ほのかな酸味、明るく、甘みのあるフレーバーが特徴です。シトラス、キャラメル、チョコレートのニュアンスも。

noimage.png
HILO / ヒロ
〔 big island 〕

Researching now...

マウイコーヒー_300.png
MAUI / マウイ
〔 maui 〕

山の傾斜地を利用して生産されるマウイ島のコーヒーは、コーヒー好きのなかで静かに注目を集めつつある存在です。コナコーヒーと比べ酸味は穏やかでありながら香り高く、非常に高品質な味わい。限定された供給量のため、希少価値の高い豆です。

モロカイコーヒー_300.png
MOLOKAI / モロカイ
〔 molokai 〕

ハワイ諸島のなかでも特に無垢な自然が残るといわれるモロカイ島。火山による赤い土、豊かな太陽の光、海からの優しい風に育まれたモロカイコーヒーは、知る人ぞ知る逸品です。柔らかな酸味と、飲み応えのある味わいをお楽しみください。

ワイアルアコーヒー_300.png
WAIALUA / ワイアルア
〔 oahu〕

オアフ島・ノースショアの「ワイアルア地区」で栽培されているのが、「ワイアルアコーヒー」です。かつてサトウキビ畑だったこの土地は、豊かな雨が降り、心地よい風が通り抜ける場所。酸味が少なくすっきりとした、マイルドな味わいのコーヒーを育てます。

カウアイコーヒー_300.png
KAUAI / カウアイ
〔 kauai 〕

世界トップレベルの降雨量を誇るカウアイ島は緑豊かで、別名「ガーデンアイランド」と呼ばれています。そこに育つコーヒーは、マイルドでなめらか、そしてじつに軽やかな飲み心地。ハワイ8島で最初に誕生したといわれるこの島が育む、フレッシュな味わいです。